2017年10月28日

#159 しっかり予防しましょうね



仕事の関係で印刷屋さんのメニューを見ていたら、ノベルティ用のTシャツが思っていたよりも安く作れるということを知りまして、プライベート用に試しに作ってみようかなぁと思ったのですが、Tシャツってデザインセンスがかなり影響するものなんですね。指定のスペースになにをプリントするのか。言うなれば「真っ白なキャンバスに、あなたはなにを描きますか?」と問われているような気持ちになりました。色即是空。すでにそこには存在していて、わたしがそれを紡ぐだけでいい。・・・はずなのですが、なかなか決まらないものです。苦笑 イラストを描く能力は持ち合わせていないので、手始めに偉人の名言を英語で並べてみようかと思って、ネットで検索してみました。言葉自体も心に響くものがありますが、その言葉を言った人物の背景を知っているとグッと来るものがありますよね。名言って誰が言ってもいいものではないんですね。笑

今回いろいろと見ていて心に響いたのが

「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」

という一文でした。ある小説の一場面で使われているそうですが(わたしは読んだことがありません)、どんなシチュエーションでこの言葉が生まれたのか、気になりますね。

現代の様相を見ていると、高度情報化社会になって「知っているけど自分ではできない。できないけれど評論だけはする」という、ときには腑に落ちない場面に遭遇することがあります。だったらそっとしておけばいいのにね。笑 ビジネスシーンにおいては「口は出すが、実務ができない人」というのも上司、同僚、部下にかかわらず、目立つようになりました。「うんちくを言う暇があるなら、とっととやってくれ」とも言いたくなりますが、間違ったことを言っているわけでもないので、切り捨てることもできませんし^^; かくいうわたしも、色々と口出ししたくなりますが、「一度言ってわからない人にはいくら説明してもわかることはない」などという格言?もあるようですので、できるだけ行動や態度、結果や成果で伝えるほうがかっこいいのかなぁなんて憧れたりします。ちょっと古いかもしれませんが「背中で語る」とでもいうのでしょうか。サラリーマン時代にお世話になった上司、先輩も、そんなかっこいい方達がおりまして、会社員を離れて7年が経過しますが、いまだに思い出したりして、元気にしてるかなぁなんて思ったりします。

<ウッディでフローラルな香り | ホーリーフ>
IMG_3782.jpg
わたしも好きな香りで、貴重なローズウッドの代用品として注目を浴びている精油です。主にリラックスに作用しますが、ストレスによる気疲れ、落ち込み、不安、などに囚われてしまっていると気持ちよく感じる香りです。気持ちの切り替えがスムーズにいかないときはこの香りを活用して、心のバランスを取り戻し、前向きな思考に切り替えるサポートをしてくれます。


<柑橘系でフレッシュな香り | リツエアクベバ>
IMG_3784.jpg
「オススメの精油はありますか?」と聞かれて、わたしが紹介すると大抵の方は気に入ってくださる隠れたベストセラーの精油「リツエアクベバ」です。別名は「メイチャン」で「中国の女神」という意味を持ちます。キーワードは「平穏」「愛情」です。リフレッシュやブレイクタイム、気分の切り替えにふさわしい香りで、上品な感じがします。


<フレッシュな森林の香り | ティートゥリー>
IMG_3783.jpg
苦味と甘さが混ざったウッディーな香りで、呼吸器系が弱い方には「ヴェポラップ」でお馴染みかと思います。英語で表記すると「TEA TREE」なのですが、「お茶の木」ではありません。オーストラリアの先住民「アボリジニ」の間で活用されてきました。キーワードは「自信」「忍耐」です。乾燥の時期、冬の時期など、インフルエンザや風邪が流行する時期に売れる精油ですが、空気を浄化し、呼吸器系をサポートしてくれます。


<フレッシュなグリーン調の香り | ユーカリ・グロブルス>
IMG_3786.jpg
ユーカリといえばコアラですが、この精油もアボリジニが大切にしてきた植物です。ティートゥリー同様に呼吸器系を楽にすることから、息苦しさから解放し、生き生きとした状態へと導いてくれます。わたくし個人的には、ティートゥリーの方が香りが強め、ユーカリの方がマイルドな感じがします。ユーカリは、呼吸器系のケアを得意としますが、スキンケアの面でも、炎症を鎮めたり、ニキビや湿疹、頭皮の痒みなどのスカルプケアにも役立ちます。ユーカリにはいくつか種類がありますが、「グロブルス」という品種が代表的です。


そろそろお時間となりましたので、今回の執筆はこのへんで。
買い物に出かけると咳き込む人が増えていますので、しっかり予防しましょうね。



posted by ハーバルカフェプラーナ at 12:00| Comment(0) | ■ 日々のこと

2017年10月27日

#158 感情を押し殺してしまいがちな人に


「ボルダリングでもっと難しい課題を登りたい!」という気持ちなって、ライフスタイルが少しずつ変化し始めました。もっとも取り組んだのは「体重コントロール」です。私のベスト体重は、中学校の頃に部活でサッカーをしていた頃なのですが、その体重まであと2kg落とさなくてはなりませんでした。いくつか取り組みましたが、一番大きな割合を占めたのが「食べ物」です。このブログでもいろいろと紹介してきましたが、その取り組みの成果があって、ベスト体重を無事に達成。かかった時間は3ヶ月くらいだと思います。体重計に乗りながら少しずつ落としていきました。うまく達成できたのですが、その習慣になれてしまったので、体重もそのまま落ちていきまして、ベスト体重よりも−2kgまで下がりました。体は軽くて良いのですが、ひさしぶりに顔を合わせる常連さんから「あれ?痩せました?だいじょうぶですか?」と、心配をいただくことに... そういえば、自覚症状?としても「最近寒いなぁと」思っていたのですが、どうやら体重を落としすぎてしまったようで。これはいかん!と思って、カロリー計算を見直して、家畜OFFのバランスもすこし調整して、たくさんご飯を食べることにしました。ようやく+2kg増えて、ベスト体重に戻りました。「太れない」っていうのも怖いものですね。



<唇ケア、手荒れとささくれにも!?>
IMG_3780.jpg

「指のささくれは親不孝」とか言いませんでしたっけ?どうだったかな。すっかり秋も深まってまいりまして、ストーブをつける時期になりました。ただでさえ空気が乾燥しますが、暖房によってさらに乾燥は加速します。乾燥するとすぐに変化が現れるのが「唇(くちびる)」ではないでしょうか。あのつっぱった感覚。すごく不快ですよね。いくら綺麗に身だしなみを整えても唇がカサカサだと全てが台無しです。そんなときにオススメのケア用品が、写真の「シアバターリップクリーム」です。うるおい成分のシアバターを40%配合したリッチな仕様です。ほかにマカデミアナッツオイルなど3種の植物油を配合しています。防腐剤不使用、無香料なので、安心安全。香料に敏感な方やお子様にもお使いいただけます。シアバターは常温だと固形ですが、体温で溶けますので「すぅ〜〜〜っ」と伸びもよく馴染んでいきます。

ボルダリングは滑り止めに「チョーク」を手につけて、ホールドという突起物をつかみ、体重を支えていますが、指の荒れ、ささくれ、指と爪の剥離、でダメージも深刻になってきます。そんなときはこの「シアバターリップクリーム」を指先など気になる部分に塗りましょう。ハンドクリームだと、手のひら全体がベタベタになりますが、このリップなら部分ケアが可能です。形状も両手の指に塗りやすく、とっても便利です。
唇ケアだけではなく、クライマーの指ケアにもオススメなシアバターリップクリーム、お試しください。


<ハーブティーだけじゃない>
IMG_3781.jpg

秋のメランコリックにオススメの「セントジョンズワート」ですが、マッサージオイルで活用することもあります。NHKで放送されている「猫のしっぽ カエルの手」で登場するベニシアさんもオススメのセントジョンズワートオイル。セントジョンズワートはオイルとしてマッサージに使うと、関節痛などの痛み緩和に効果的なんです。四十肩、ゴルフ肘、テニス肘、古傷、膝の痛み、など幅広く活用できます。うちのお客さんでも「なにをやっても膝の痛みが和らがなかったけれど、このオイルで楽になりました」という方もおられました。あくまでも医薬品ではなく「おまじない」の範囲ですので、相性や個人差はありますが、手が出ないほど高級なものでもないので、気になる方がおりましたら、ぜひお試しください。セントジョンズワートオイルは、色が「赤」なので、驚かないようにしてくださいね。


<あまく、つつみこむように、いやされる>
IMG_3785.jpg

アロマオイル(精油、エッセンシャルオイル)は、狙ったかのように同じ商品がポンポンと売れることがあります。きっと、季節的に必要な香りで、みなさん本能で選んでいるのでしょうか。最近のわたしのお気に入りは「ゼラニウム」です。夏の暑い時期は苦手ですが、この時期にはうっとりしてしまうほど、癒される香りです。レジ前カウンターのテスターには「ゼラニウム」+「シナモンリーフ」のスプレーを置いていますが、気がついたら「シュッシュ」とやってしまいます。この間まで「ゼラニウム」が品切れしていましたので、補充いたしました。

このゼラニウムには「感受性」「バランス」というキーワードがあります。薔薇に含まれるゲラニオールという成分が含まれていますが、新鮮なグリーン調の香りとフローラルが合わさったような香りを感じます。感情を押し殺してしまいがちな人に、直感や創造性を促し、感受性を高めてくれます。マッサージオイルやスキンケアでは、リンパのケア、皮脂のバランス調整など、この時期にぴったりです。


そろそろお時間となりましたので、今回の執筆はこのへんで。
10月最後の金曜日ですね。



posted by ハーバルカフェプラーナ at 12:00| Comment(0) | ■ 日々のこと

2017年10月26日

#157 つねに100%で


明日は定期便の配達です。ご利用者のみなさん、準備をお願いいたします。こうやって定期的に利用者の方々とやりとりをしていると1ヶ月があっという間のようにも感じますが、季節の移り変わりや時間のありがたさを考えさせられます。


<写真プリントして、額に入れて、飾りたい>
IMG_3769.jpg
ブログ用に写真を撮る習慣が少しずつ身についてきましたが、こうやってスマホで写真を見返していたり、フィルタをかけて加工していると「暮らしの中にこのエッセンスを取り入れたいなぁ」と思うようになってきました。そこで思いつくのが、写真をプリントアウトして、額に入れて飾りたい。あのときに感じた気持ちを忘れずに、思い出して刷り込みたい。と思って、プリントのことを考えると「現像に時間がかかる」「受け取りがめんどうくさい」など、わたしの希望を阻む「課題」が浮かび上がってきます。一昔前に比べたら、コンビニでも、ネットでも手軽に利用できるようになりましたが、現代人は忙しいですし、時間の使い方として「そこに時間を使うのか」と思ってしまいます...わがままですかね。苦笑 そこで「Webで写真を転送して、印刷所で印刷して、郵便ポストに投函してくれたら便利だなぁ」と思いまして、ちょっと調べてみましたが、送料がどのくらいかかるのかがまだ整理できておらず、利用には至っていません。時間を見つけて、調べてみたいと思います。仕事的に考えたら、DM(ダイレクトメール)もWebで入力して、配達してくれたら便利ですね!

IMG_3770.jpg
↑この青空を見ているだけで、気持ちも晴れてきます


<別の視点で>
IMG_3749.jpg
以前紹介した夕飯の別アングルの写真です。タコのカルパッチョ、スモークサーモンのサラダ、おいしかったなぁ。こうやって写真で見返しても彩りも綺麗だし、また食べたくなりますね。



<マニアックなハーブシリーズ | クリーバーズ>
IMG_3777.jpg
「エゾウコギ(シベリアンジンセン)」に引き続き、珍しいハーブのご紹介です。名前は「クリーバーズ」でアカネ科に属する植物です。わたしが持っているメディカルハーブ辞典にも掲載されていなかったので、ウェブで検索して勉強しています。クリーバーズは春に姿を表すハーブで、いわゆる「デトックスハーブ」に分類されるようです。いろいろと情報が出てきますが、どうやら「リンパのバランスを保つ」作用があるようで、泌尿器系、前立腺、リンパ腺などに働きかけて、老廃物の代謝促進、ニキビや湿疹などのケアに良いとされています。体がむくみやすい、夜になると足がパンパン、お風呂やシャワーもしているのに吹き出物が出る、などが思い当たる方は、一度お試ししていただくと良いことがあるかもしれません。主要成分として「タンニン、クエン酸、赤色色素、配糖体、サポニン、クマリン」が入っているようなので、引き締め効果、しわやたるみ、スキンケア、肉体疲労の回復などにも活用できそうです。「クマリン」は甘い香りで、いわゆる「桜餅の香り」です。以前紹介した「トンカビーンズ」に近い香りになりますので、お茶としてもおいしく召し上がっていただけるのではないでしょうか。わたしもまだ試飲していませんので、たのしみです。


<うつわのおおきさ、かたち、色>
IMG_3778.jpg
当店では「Weck(ウェック)」というガラス保存瓶の取り扱いもしています。ドイツ生まれの保存瓶です。瓶が汚れないようにフィルムを貼っていますので写真の見た目はいまいちですが、色合いもうつくしく、定番から変わったカタチまでバリエーションにとんだラインナップになっています。ガラス容器なので衛生面のメンテナンスも安心ですし、割らない限りはほぼ永遠に使えると思います。ゴムパッキンや留め具は消耗品ですので定期的に買い換えた方が良いと思いますが、パッキンは31円/ヶ、留め具は54円/ヶからお買い求めいただけますので、経済的ではないでしょうか。Weckが冷蔵庫に並んでいたり、食卓に出てくるだけで心がワクワクしてきます。いぶりがっこや漬物なんかも、Weckにいれるだけで、なんだかおしゃれな雰囲気に。人間、中身が大切ですが、こうやってみると器も大切ですね。笑


<だるさ、倦怠感を感じたら、やすみましょう>
IMG_3779.jpg
「最近、眠気が・・・」「体がだるくて・・・」などの不調を訴える方も少なくありませんが、そんなときは「休養を取るサイン」だと思って、あまり無理せずに、昼寝をしたり、体を養生しましょう。そんな状態をごまかしてやりすごしてしまうと、冬、春に影響を与えます。無理は禁物。つねに100%で稼働できるのはロボットや機械くらいのものです。人間は、余力を残して活動しておかないと、ほんとうにピンチなときに力を発揮できません。
眠気やだるさは、体が「別のナニカ」を修復したりメンテナンスしなければならないサインです。思い当たる方は、セルフケアを充実して、スムーズな体のメンテナンスをサポートしてあげましょう。写真の商品は「ローズマリー」のトリートメントオイル(マッサージオイル)です。足や背中、肩、腰などに手入れをしてあげましょう。おすすめはお風呂上がりのボディケアです。入念にケアできるならそれに越したことはないですが、パパッと手早くケアするのもOKです。まずは習慣として慣れていき、取り入れて、継続することが大切だからです。トリートメントしたら数分おいて、余計な油分は拭き取ってもかまいません。ローズマリーのさわやかな香りが、わたしたちに活力を与えてくれます。


そろそろお時間となりましたので、今回の執筆はこのへんで。
明日は上弦の月ですので、心と体を補うワークアウトを心がけましょう。












posted by ハーバルカフェプラーナ at 12:00| Comment(0) | ■ 日々のこと

2017年10月25日

#156 湯治で流れる日々の泡


先週末は、湯治のため秋田県鹿角市の「銭川温泉」へ行ってきました。今年の春から毎月1回足を運ぶことを決めて、7回目の湯治です。雪が降ってしまうと、銭川温泉に至る坂道は4WDのみとのことで、うちのワーゲンバスやビートルだと断念せざるおえません。ちょうど紅葉シーズンで繁忙期が終わった頃でしたので、宿の中にはときおり静かな時間も流れていました。銭川温泉の魅力はたくさんありますが、わたしのお気に入りは、宿の横に流れる川の「音」。せせらぎとは言いがたく、生命力にあふれた、自然のエネルギーを含んだあの「流れる音」は、心身を清め、魂を洗浄してくれるような気がします。車で到着して、ドアを開けると「ざぁぁぁぁぁぁ」という音がお出迎え。この音を聞き、澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込むと「またここにこれたなぁ」という喜びに満たされます。

IMG_3773.jpg
↑紅葉を背景にたたずむビートル

おとぎ話や童話、ジブリの世界に描かれるような湯治宿。私には聖域、パワースポット、浄化ができる場所、そんな意味があります。


IMG_3765.jpg
↑湯治セット。山の恵み中心で、丁寧な味わいが心に沁みます。


IMG_3768.jpg
↑「長芋の揚げ焼き」は絶品でした。


銭川温泉は外湯も利用できますので、ぜひご利用ください。すべてが流されるようなあの感覚。お風呂上がりにブーストされるような血の巡り。


銭川温泉へ湯治をしたときには、鹿角市花輪にある「ボルダリング&カフェ アンロシェ」で、運動と情報交換をしてきます。

IMG_3774.jpg

今回は、アンロシェの常連さんからハーブティーのご注文もいただきまして、とってもうれしかったです。ボルダリングに夢中になっていたので、仕事モードに切り替えられず、塩対応になってなければいいなぁと少し反省。苦笑 登っている時も気軽に声をかけてもらえたら嬉しいです。ただただボルダリングに夢中になっているだけなので。。。


IMG_3775.jpg
↑レスト(休憩)もかねて、コーヒーブレイク。


アンロシェは、オーナーさん、店長さんのやさしい人柄&おしゃれ感がにじみ出ている素敵なお店で、カフェ利用だけでもOKです。ボルダリングに来ている常連さんも気さくな方たちで、一緒に登ったり、課題に取り組んだりしていただき、とってもたのしい時間を過ごせています。

まだまだ修行不足なわたくしですが、日頃からワークアウトしているジムで学んだムーブやテクニック、各地のジムに遠征して体験してきたユニークな課題などを活用&アレンジして、アンロシェに課題(お土産)もおいてきました。みなさん、たのしんでくれるといいなぁ。



今回はハーブやアロマに直接関連した内容にはなりませんでしたが、湯治、運動、食事、などなどライフスタイルの1つとしてご参考にしていただけたら幸いです。魔女、賢者、仙人、などなど、人生を極める1つの道しるべになるかと思います。


そろそろお時間となりましたので、今回の執筆はこのへんで。
雪が積もったらおでかけは大変ですので、いまのうちに行きたいところには行きましょう。












posted by ハーバルカフェプラーナ at 12:00| Comment(0) | ■ 日々のこと

2017年10月24日

#155 魔法のアイテムWS =Wicca 魔法使い見習い篇=


秋も深まってまいりました。週末は毎月おこなっている湯治のため、秋田県鹿角市に行ってきました。山中の温度表示電光掲示板は、4℃のときもありまして、紅葉も見頃を迎え、冬になりつつありました。この様子は別の機会にご紹介致します。


<魔法のアイテムWSおつかれさまでした!>
IMG_3308_2.jpg
↑少し緊張気味のゆきむら先生

10月21日(土)は「魔法のアイテムワークショップ =Wicca 魔法使い見習い篇=」を行いました。まずはゆきむら先生より魔法使いの心得を教えていただきました。講座はどれも新鮮で大切なことだらけでしたが、写真のイラストが心構えの全てかもしれません。一言で言うならば「宇宙と仲良くなること」。これだけだとピンときませんが、先輩魔女のゆきむら先生の解説を聞くと、納得できます。わたしも「祈る」ということを大切にしようと思いました。詳しい話は、別の機会に。

IMG_3309_2.jpg
↑笑顔も見えてきて、いい雰囲気に

IMG_3317.jpg
↑魔女のオーラが漂うゆきむら先生


魔女の心得を学んでからは、15分と言う限られた時間でしたが、個人セッションを行いました。それぞれゆきむら先生と対話しながら、今回の願い、魔法の目的、魂の整理を行っていただきました。


IMG_3320.jpg
↑待っている間は、シーリングスタンプを作りました


IMG_3323.jpg
↑ゆきむら先生がこの日のために魔力を注ぎ込んだマジックボウル(?)


IMG_3325.jpg

いよいよ魔法のアイテムづくりの始まりです。それぞれの願い、魔法に適切なアイテムを選んでいただきました。魔法使いの誓約の儀式も。


IMG_3326.jpg
↑テーブルは魔法アイテムでいっぱいに


IMG_3329.jpg
↑みなさん夢中でアイテム作りをしています


IMG_3331.jpg
↑女性性を象徴する聖杯も。存在感があります。


IMG_3333.jpg
↑「自分を愛する儀式 入浴法」を作っているところ


魔法の儀式なのでくわしい内容はお話できませんが、みなさん非常に楽しくワイワイと作業を進めていただきました。まさしく「時が経つのを忘れて」といった感じで、予定より時間が押してしまいましたが、非常に有意義な内容でした。


「魔法使い」というと、SFやゲームの世界のようなイメージが刷り込まれていますが、今回の講座ではそもそもの魔法使いの概念ががらりと変わるような内容だったのではないでしょうか。「自分だけが幸せになる」「他人を蹴落としたい」などそんな黒魔術ではなくて、「宇宙と」そして「自然と」仲良くなり、正のスパイラルに導かれて循環していくという、マクロな視点を持ちながら、日常生活の豊かさを深めていくことができる秘訣を学んだような気がします。お金や仕事、健康などはある程度、自己管理、計画性、努力でつかみとることができますが、「幸運(ラッキー)」というのは、どのようにしたら引き寄せられるのか。魔法が使えると便利ですよ〜。笑



そろそろお時間となりましたので、今回の執筆はこのへんで。
気になる方は、店頭ですぐに作れる「魔法のアロマスプレー」をお試しください。









つづきはコチラをクリックしてください




posted by ハーバルカフェプラーナ at 12:00| Comment(2) | ■ 日々のこと

2017年10月20日

#154 見えないことが影響すること


今週の始めから、急に冷えてきたような感覚があり、ストーブをつけていても体が温まらない感覚があり、寒い思いをしています。体がまだ冬モードに移行していないので、なかなか熱を出せないのかもしれません。そんなことを思ってから、朝起きたらジンジャー(乾燥生姜)入りのハーブティーを飲むようにしました。こういった予防をすることで、季節の変わり目の不調をケアできるようになります。


<ちょっとしたアニバーサリー>
IMG_3748.jpg
プライベートでちょっとしたアニバーサリーがありまして、久しぶりに手間暇をかけてトマトソースを作り、パスタにしました。アサリ、えび、などの魚介のトマトパスタソースです。いくつか調味料とスパイスも加えて、絶妙な仕上がりになりました。いつもは洗いやすいお皿で食べていますが、雰囲気も大切ですし、店のランチで使っていた食器を自宅に持って行って、おいしくいただきました。


<お店のBGMって気にしますか?>
IMG_3755.jpg
恐れずに言いますが、おおくの秋田の店のBGMはダサいです。なぜこんな曲を流すんだろうと不思議になるし、センスを疑います。だいぶ前になりますが、会社員時代にJR京都の駅そば(蕎麦)に入った時、おしゃれなジャズが少し大きめにかかっていて、衝撃を受けました。立ち食いそば屋でJAZZ。たしかに蕎麦はジャズですが、予想外の出来事で不意打ちをくらいまして、記憶に残っています。

音楽は「流す」「かける」などと申しますが、水と同じような扱いをしますよね。音は流れていく。音をかけていく。音は人間の気持ち、魂を浄化したり、元気づけたり、悲しくしたり、と感情を揺さぶるものです。感情に訴えかけるものです。秋田駅なら秋田の民謡を流せばいいじゃないですか。高齢化しているなら、高齢者がなつかしく元気の出る曲をいたるところでかけたらいいじゃないですか。盛岡のとあるモールの駐車場にですら、おしゃれなジャズが流れていますよ。心を弾ませ、踊るように街を歩き、ウキウキしましょうよ。

そんなことを言いながら、当店では主にジャズのBGMを流しています。ここ最近かけているのは、秋田出身のジャズギタリスト「小沼ようすけ」さんのアルバム「Jam ka」です。2010年6月23日リリースなので、かれこれ7年前の作品です。当時、レコ発ツアーで秋田でもライブがあり、当時の私も鑑賞させていただきました。


<プッチン!というノイズ>
IMG_3756.jpg

ある時期から、周期的にスピーカーから「プッチン!」という不快なノイズが出るようになりまして、CDプレーヤーかなー、アンプも古いから壊れたのかなぁと考えていました。でも常にではなくて、なんらかの周期でなるわけです。ん〜〜〜〜〜〜〜と、数日考えていたら「あれ?もしかして、こいつが原因?」と思いついたのは「冷蔵庫」です。「ハーブとアロマの研究室」ように冷蔵庫を導入しましたが、その冷蔵庫の電源(コンセント)と、BGMを流している電源(コンセント)が近くでつながっていることに気がつきました。一見、つながっているように見えない(ケーブルが壁に埋まってから出ているので)ので、気づく人は少ないのではないでしょうか。さっそく冷蔵庫の移動を検討し、ちょっと壁に穴を開けてBGMのコンセントとは別系統(遠い距離)のコンセントに接続してみました。数日が経過しましたが、いまのところ「プッチン!」ノイズは聞こえていません!やりました。解決です。周期的に「プッチン!」となっていたのは、冷蔵庫のコンプレッサーの電源がONしたときに起こっていたみたいです。

見えないことが影響することってあるものです。人間だって、近くにノイズを出す人がいたら、なにかしら影響を受けるでしょう。そんなときは、遠ざけるか、シールド(干渉しないように対策する)しましょう。これも環境を整えることにつながります。アロマだって、目には見えないけれど、そっとわたしたちを支えてくれるツールの一つです。


<食欲の秋!料理の秋!>
IMG_3757.jpg

「最近、食欲が止まらなくて」とハーブの調合をしに来る人もいますが、秋は冬に向けてエネルギーを蓄え、余計なものをデトックスする時期です。冬になれば溜め込みます。そして春になってまたデトックスです。植物の紅葉だって、あれもデトックスです。秋は実りの秋で、そのままでもおいしく食べられるものが豊富にありますが、当店のロングセラー商品「サラダハーブ」をひとつまみ料理に加えると、レストランのような本格的な味わいになります。一度使うと、リピート間違い無しで、今週頭は在庫切れになっておりましたが、昨日から店に並べました。温かい料理にも、煮込みにも、スープやシチューにも、肉類や揚げ物にも。万能に使える、クセの少ないイタリアンハーブミックスです。お立ち寄りの際には、ぜひお買い求めください。



そろそろお時間となりましたので、今回の執筆はこのへんで。
手軽に始められるジンジャーポーションも残りわずかですのでおはやめに〜。





posted by ハーバルカフェプラーナ at 12:00| Comment(0) | ■ 日々のこと

2017年10月19日

#153 滋養強壮


facebookの仕様が変わったのか、これまで記事を投稿していたウィンドウが表示されなくなりました...最近、こういったツールで理解に時間がかかることがあり、時代に乗り遅れているような感じにさせられます。苦笑

<磯の香りと焼き魚>
IMG_3747.jpg

常連さんから、秋田港で釣れたお魚をおすそわけしていただきました。そのまま「もっていかない?」と聞かれたんですけど「魚をさばく自信がないです...」と言ったら、旦那さんが手際よくささっと下処理をしてくれました!魚捌ける人ってほんとすごいですよね〜。それで、自宅の遠赤外線グリラーで調理したところ、ふっくらと香ばしい焼き魚の完成!スーパーで買ってきた魚との一番の違いは「磯の香りがする」です。釣りをしている人たちは、こんなにおいしい魚を日頃から食べているんだなぁと、おどろきました。黒鯛も煮付けのイメージでしたが、焼き魚でもめちゃくちゃおいしかったですよ〜。骨も大きいので食べやすかったです。


<心強い味方、マヌカハニースプレー>
IMG_3750.jpg

レジ前に並べていますが、わたしのプライベート用マヌカハニースプレーは、ついに2本目に突入。1ヶ月くらいはもったでしょうか。今月は急激な冷えと乾燥で、ほんとうにたすかりました。これがなかったら3回くらいは風邪をひいていたのではないでしょうか。笑
常連さんを中心にパワープッシュしていますが、気に入ってくれたのか、わたしのプッシュに押し負けたのか、それとも私を信じて試してくれたのか、いずれにせよご購入いただいた方々の感想(レビュー)も気になっていますので、ご来店の際には教えてくださいね。これから冬になると、欠品するのではないかとハラハラしていますが、なるべく確保できるようにしておりますので、気になった方は、すぐにでもお試しください。(はちみつですので、お子様、アレルギーの方はご注意ください)


<マニアックなハーブも取り扱います!>
IMG_3751.jpg

「メディカルハーブの専門店」として7年やっていますが、お客さんのご要望もあったり、わたしのステップアップだったりと、ちょっと変わったハーブも取り入れていこうと思っています。その第一弾としてご紹介するのが写真のハーブ「シベリアンジンセン」です。和名は「エゾウコギ」として知られています。このハーブは滋養強壮に良いとされるハーブで、旧ソ連では研究チームを立ち上げて、国家プロジェクトにも推奨したとの噂です。さっそく私もシングルハーブティーで試してみましたが「 ナ ニ カ に効きそうな味」でした。正直、単品だと飲みにくいと思います。笑 スパイシー?なのか、コクがある?のか、いままで飲んだことのない味わいです。根っこなので、出汁っぽいかもしれません。「滋養強壮」を欲している方がおりましたら、お試しください。


お時間となりましたので、今回の執筆はこのへんで。
そろそろ薪ストーブの準備しないと。





posted by ハーバルカフェプラーナ at 12:00| Comment(2) | ■ 日々のこと