2017年07月07日

#103 この店を長く続けるための秘訣


秋田もすっかり暑くなり、日中は少し作業すると汗ばむ気候になりましたね。
秋田にとっては短い夏ですが、空気の香りが変わると、なんだかウキウキしてきます。

先日、東京へ引越しされた常連さんから近況報告のお葉書をいただきました。
めっきり葉書や手紙をもらう機会が減りましたが、
こういったカタチでご連絡いただくとうれしくなりますね。

当店もかれこれ7年目の営業に入りましたが、
過去の常連さんからご来店いただく機会がなくなることもあり

「あれだけ熱心に通っていたのにどうしているのかなー」

なんて、ふと思い出すことがあります。

引越しや転勤などでご来店いただけないのであれば良いのですが
お店の人ってなぜ来なくなったのか理由を知ることはあまりないと思います。

逆の立場でも、引越しや転勤があって秋田を離れたとしたら

「わたしの近況なんて報告してもなぁ」

なんて思ってしまうかもしれませんが、
お店をやっている立場からすると
わたしにとってはひとりひとりが大切なお客様で
こんなハーブ買ってくれていたなとか、
雑談の中で覚えているエピソードなんかが
頭をよぎると、お客さんの顔が目に浮かびます。

頻繁に通っていたのに、ふとしたきっかけから足が遠のき、
店に来づらくなると感じるかもしれませんが
わたしはお顔が拝見できたほうがうれしくなります。

この前は2年ぶりくらいに足を運んでくださった方がいて
「お店の雰囲気、だいぶ変わりましたね!」
なんて言ってもらったりすると
「この店も、私自身も、すこしずつ成長できているんだな」
なんて確認できたりもしました。


私の経験からすると常連さんになるコツがいくつかありまして、
一番手っ取り早いのは
「短期間に集中してご来店していただく」
ということだと思います。

なるべくお客様の顔を覚えるようにはしていますが、
一人一人にお名前を伺うこともできません。
(教えてもらっても覚えられる自信はありませんが...)

私の場合は、お顔とハーブの調合を一緒に覚えるようにしていまして
うまく記憶に残っていれば、前回と同じ調合を思い出すこともできます。


ほそぼそとやっている店ですので、
常連さんに末長くご利用いただくことが
この店を長く続けるための秘訣だと思っています。

足が遠のくこともあるかもしれませんが、
内装を変えたり、新たなサービスを始めたりと
常連さんに気持ちよくご利用いただけるように
いろいろと試行錯誤しておりますので
当店を思い出したときには軽い気持ちで
足を運んでいただけたらと思います。

そろそろお時間となりましたので、今回の執筆はこのへんで。
胃腸の不調を訴える方が多いですが、季節的にそんな時期なんですかね。



posted by ハーバルカフェプラーナ at 17:57| Comment(0) | ■ 日々のこと