2017年07月04日

#101 植物にとっては恵みの雨

いよいよ梅雨らしくなり、湿度も高く、不快な毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

植物にとっては恵みの雨で、店先のペパーミントやスペアミントはぐんぐん背丈が伸び、毎年宿根するエキナセアも蕾をつけ始めました。ご来店の際にはハーブの鑑賞もなさってみてください。

こんな梅雨時期ではありますが、6月の定期便ではペパーミントのブレンドや薄荷の精油をお届けさせていただきました。ミントの香り(l-メントール)は体感温度を3℃下げると言われていますので、香りを漂わせるだけでも、不快指数を下げられるかと思います。

日中は汗をかく機会も増えてきましたが、シャワーや入浴の際にも薄荷やペパーミントを使用すると、湯上りさっぱりで爽快感が得られます。

入浴の際には、浴槽に5滴まで精油を加えてOKです。
シャワーの場合は、ボディソープやシャンプーに精油を1滴加えてください。

思っている以上に気持ちの良い時間になりますので、ぜひお試しください。


さて、7月からの新サービス「ハーブとアロマの研究室」ですが、
ブログ読者限定で内容を先行公開いたします。
「ハーブとアロマの研究室 ウェブサイト」
*一部内容が変更になる可能性もありますのでご了承ください。

7月分の発注(仕入れ)で、必要な材料や道具なども手配しており、本日の夕方には届く予定です。
あとは、研究課題用のレポートを作成しなくてはなりません。
そして、レポート通りの手順で無事に研究がうまくいくかどうかの検証もしたいと思っています。
これらを考慮して、7月中旬には情報をオープンにできるかと思います。

あとは、研究に必要な道具の収納棚も作らなくてはなりませんね。
・・・と、やることはいっぱいありますが、ワクワク感の方が強いので作業するのがたのしみです。


というわけで、そろそろお時間となりましたので、今回の執筆はこのへんで。
2017年も半分が過ぎましたね。


posted by ハーバルカフェプラーナ at 11:34| Comment(4) | ■ 日々のこと